(~~) () ( ~ ) ( ~ ) ( ~ )

何かを始めたい!って方に観て欲しい青春太鼓映画『ざ・鬼太鼓座』 DNB.B ドラムンベース・ブログ [Drum & Bass Blog]

2009年〜2011年までの海外ドラムンベース情報をお届けしていたブログです。

ホーム > スポンサー広告 > 何かを始めたい!って方に観て欲しい青春太鼓映画『ざ・鬼太鼓座』ホーム > 映画 > 何かを始めたい!って方に観て欲しい青春太鼓映画『ざ・鬼太鼓座』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

alarm.gif 関連エントリー
Loading


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

何かを始めたい!って方に観て欲しい青春太鼓映画『ざ・鬼太鼓座』

bakuon.jpg
本日はモニターの前で打ち込み続ける皆さんへ、ひたすら太鼓を打ち続ける自分探し映画『ざ・鬼太鼓座』(ざ・おんでこざ)の上映が爆音映画祭で決まったのでご紹介します。

1981年に完成した本作ですが未だにDVD販売されておらず、デジタル素材での上映が可能になった昨年観ることができました。完成当初より劇場公開はされず、不遇の歴史にあったようです。

「ざ・鬼太鼓座」の悲劇

映画不況が始まったころの東映を大ヒット任侠映画で支え、極端なローアングルにより独特の映像世界をつくりあげた映画監督・加藤泰の遺作であり、篠山紀信とインドを訪れ、宇宙や霊的な存在にシンパシーを受けていたころの横尾忠則がスペイシーで原始的な美術を施し、テレビ朝日・松竹映画がついていたにもかかわらず、完成後まもなくお蔵入りが決まってしまったとのことですね。

しかしながら管理人がオススメする理由はこの希少性だけではありません!lolslay.gif
むしろその素晴らしすぎる内容のほうです。


時は70年代、心の豊かさを探求しはじめた時代に、テレビなどで鬼太鼓座を知った若者たちが自分探しにこぞって参加します。しかし地元・佐渡の人が口をそろえて絶対に自分の子供を鬼太鼓座にはいれたくないといいきるほど、壮絶な生活が待っています。鬼太鼓座には独自の「走楽論」という考えがあり、「走る」ことと「音楽」とは一体であり、それらは人生のドラマとエネルギーの反映だというものらしいのです。というわけで太鼓をたたくどころか、とにかく走る、走りこみます。しかも佐渡なのでハンパない雪の中を、鬼太鼓クルーたちはなぜか裸足で走りまくる。やっと帰ってきたと思うと、子供のような笑顔で横笛を握り締め、また駆け出していくではありませんか!あどけなかったクルーたちも次第に成長していき、最後は横尾忠則の幻想的な舞台セットのなか、思う存分太鼓を打ち鳴らします!

fire.gifondeko.giffire.gif

太鼓をたたくというただその一点のみに生活のすべてをかける。一言でいってしまうとそれだけなのですが、すべてをかけてやるという意味の重さと、そしてその領域へ到達したものがジャンルレスに感動を与えてくれることを改めて実感させてくれます。というわけでひたすら打ち込み、孤独の戦いを続けている皆さんだけでなく、何かを表現したいすべての方に必ず何かを残す作品だと思います。爆音でみることができることは今後まずないかと思いますので、都内近郊にお住まいの方はぜび!
not-tagged-smiley-16267.gif

上映日時
6/4(木) 18:45~(特別料金・上映後に鬼太鼓座のライブあり) 2,500円
6/11(木) 21:00~ 1,300円

場所
吉祥寺バウスシアター(0422-22-3555)

BAKUON FILM FESTIVAL 2009


alarm.gif 関連エントリー
Loading


[ 2009/05/27 23:00 ] 映画 | TB(0) | CM(2)
自分は11日に行こうと思っています!
[ 2009/05/30 00:14 ] [ 編集 ]
木曜の18:45か。
きつい時間だけど、なんとかなるかな。

行く。
[ 2009/05/29 15:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。