(~~) () ( ~ ) ( ~ ) ( ~ )

Doc ScottもAutonomicサウンドに注目! DNB.B ドラムンベース・ブログ [Drum & Bass Blog]

2009年〜2011年までの海外ドラムンベース情報をお届けしていたブログです。

ホーム > スポンサー広告 > Doc ScottもAutonomicサウンドに注目!ホーム > Drum & Bass > Doc ScottもAutonomicサウンドに注目!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

alarm.gif 関連エントリー
Loading


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Doc ScottもAutonomicサウンドに注目!

docscott.jpg

イギリスの「cult」というイベントに出演したDoc Scottがインタビューに答えています。31 Recordsの今後のリリースや、昨今のドラムンベースに新しい流れを創りつつあるAutonomicサウンドについて言及してます!

WEARETHECULT: DOC SCOTT INTERVIEW

インタビューでは「King of the Rollers」と称えられるDoc ScottのDJとしてのストイックな姿勢や、18歳から見続けているドラムンベースに対する想い、そして新しいアーティストを発掘し続けるレーベル31 Recordsについて熱く語っています。それ以上に興味深いのが、ここ最近dBridge、Instra:mentalをはじめとするAutonomicが推し進めている「minimal type」のサウンドについて聞かれている部分です。長いですが全文引用します。

インタビュアー:
Over the last twelve months you’ve put out a series of mixes, and the last part went out at the end of the year. In those mixes you’ve been pushing a sound that you’ve described as “Future Beats”. Also the Autonomic series of Podcasts have been very popular this year, do you think that this new minimal type sound is going to bring a big change to the genre?

Doc Scott:
To me it’s just music I find interesting, and if you speak to Darren (D Bridge) then he’ll say the same thing. One of the things that was difficult at first, was that we were being sent this really amazing but quite different music, and I had to think “how can I get it in to my sets?” and that was a challenge, but an interesting one. Rather than go out and play a straight bog standard Drum and Bass set, you could really switch it up a bit, take it up and down, go half-tempo. I’ve always tried to do that anyway, but now you’re given all these new tools to do it with.

I just look for music that’s interesting, you know, and music on that mix series and the stuff that Darren’s been putting out on the Autonomic series is just seriously amazing music. Good music is good music to me, I really try not to categorise as much as possible. Lots of people like to pigeon hole things. “Minimal” was a term that was explained to me, but it’s always been there, I’ve always liked stripped down stuff of all genres, but by the same token, I like stuff that’s really highly produced and has got a lot going on.

I really try to stay away from these labels, I understand people like to label stuff to try and describe it and create all these sub-genres. I play at events and sometimes there are three drum and bass rooms! It’s all the same tempo! Sometimes promoters should give punters more credit than they do!

常に新しい音楽を探しているDoc Scottは、Autonomicの一連のPodcast聴いてすぐに興味をもったようですね。いいものはいいということでカテゴライズする必要はなく、クオリティの高い曲はどんなジャンルでも取り入れると。それでも初めは「how can I get it in to my sets?」ということで困惑したようで、なるべく近寄らないようにしていたようですがw、オーディエンスが求めていることに気がつき、たまにイベントでかけるようになったとのこと。「three drum and bass rooms」のイベントとあるので、メインとは別のフロアでダウンテンポのミックスをしたようです。好評だったようでプロモーターは、時にはこうしたギャンブル(ドラムンのイベントでダウンテンポをかける)も必要かもね!と語っています。ということでAutonomicなサウンドは、さらに大きな流れとなっていくでしょうか。ご興味をもった方は、AutonomicのPodcastや、dBridgeのExitからリリースされたConsequenceの"Live For Never"をチェックしてみてください。

今後の31 Recordsからリリース予定のアーティストではNymfo、Nether、S.P.Y、Method 1、Seba、Zero T、Mosusの名前があがってました。こちらも楽しみです!






alarm.gif 関連エントリー
Loading


[ 2010/03/01 23:20 ] Drum & Bass | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。