(~~) () ( ~ ) ( ~ ) ( ~ )

「鏡の中のマヤ・デレン」が公開中です。 DNB.B ドラムンベース・ブログ [Drum & Bass Blog]

2009年〜2011年までの海外ドラムンベース情報をお届けしていたブログです。

ホーム > スポンサー広告 > 「鏡の中のマヤ・デレン」が公開中です。ホーム > 映画 > 「鏡の中のマヤ・デレン」が公開中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

alarm.gif 関連エントリー
Loading


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「鏡の中のマヤ・デレン」が公開中です。

mayaderen.jpg

アメリカ実験映画のオリジネーターであるマヤ・デレンの生涯へ迫るドキュメンタリー「鏡の中のマヤ・デレン」が東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムで上映されています。

鏡の中のマヤ・デレン -IN THE MIRROR OF MAYA DEREN-

マヤ・デレンとは

1917年、ロシア革命の年にキエフの裕福なユダヤ人精神科医の元に生まれる。本名はエレアノーラ・デレンコフスカヤ。父親は医師としてトロツキーの元で働いていたが、やがて激化するユダヤ人迫害に追われ、1922年マヤが9歳の時にアメリカに移住する。大学ではジャーナリズムや政治学を専攻していたが、黒人舞踊家キャサリン・ダンハムと出会い、彼女の興味はダンスと人類学へ向かう。やがてマヤは巡業中のアメリカ西海岸でチェコからの亡命中の映像作家アレクサンダー・ハミッドと出会い結婚。翌年の1943年、マヤが26歳の時に二人の共同で映画史上に残る『午後の網目』を制作する。この作品は1947年のカンヌ映画祭で実験部門のグランプリを獲得し、マヤの評価を決定的なものとする。数本の映画作品を制作後、マヤはハイチへヴードゥー教の研究に旅立ち、成果を一冊の本「聖なる騎士たち」にまとめている。マヤは44歳に脳溢血で死亡するまで6本の映画作品と1冊の著作を残し、現在にいたるまであらゆるアーティストに影響を与えている。

予告編



実験映画というと小難しく退屈なイメージがありますが、マヤ・デレンの作品は、緻密に練られた脚本と明確な意図で創られており、「絵画」のように楽しめると思います。ドキュメンタリーでは、マヤ・デレンが凄すぎて、ジョナス・メカスやスタン・ブラッケージといった錚々たる異端の映像作家が普通のおっさんにみえますw。レイトショーではマヤ・デレン全作品を一挙上映中。



こちらは「夜の深み」という作品ですが、日本の現代音楽家テイジ・イトーの音楽にあわせて、宇宙空間をバレエダンサーが踊るという、マヤ・デレン自身が言っているように、まさに映像でしか出来ない表現になっています。バレエダンサーの動きは均質のとれた天体運動を彷彿させ、とてもかわいらしいですね。

この音楽を担当しているテイジ・イトー氏は、晩年マヤ・デレンと結婚する方なのですが、芸術家・家系の方のようです。

伊藤為吉 近現代・系図ワールド

-- 追記 2010.1.15 --
マヤ・デレンが愛し、芸術の女神と崇められ、作品に多大な影響を与えたハイチが、大地震に見舞われました。是非とも募金をお願いいたします。




alarm.gif 関連エントリー
Loading


[ 2010/01/13 20:00 ] 映画 | TB(0) | CM(1)
こんにちは
 
はじめまして、匠と申します。演劇公演のことですが、私も情報を一つご提供いたします。よろしくお願いします。

米国神韻芸術団は2010年3月に4度目来日公演、詳細はホームページをご参考ください。
http://www.ticket-online.jp/home/

2010年日本公演スケジュールはこちら
http://www.ticket-online.jp/home/index.php?main_page=page&id=3

有名人から2009年日本公演への評価:
http://www.epochtimes.jp/jp/spcl_shenyun_1.html

作詞家・東海林良氏(日本音楽著作権協会会員)の絶賛
世界的チェロ奏者で作曲家でもある平井丈一朗氏の称賛
演技派俳優・村田雄浩氏の評価
日本映画ビジュアルエフェクト(VFX)クリエーターの第一人者・柳川瀬雅英氏の評価
人間国宝の善竹十郎氏の評価
デヴィ夫人の評価
等など
[ 2010/02/06 22:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。