(~~~~~~) () () () ( ~ )

映画 DNB.B ドラムンベース・ブログ [Drum & Bass Blog]

2009年〜2011年までの海外ドラムンベース情報をお届けしていたブログです。

ホーム > カテゴリー - 映画

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

alarm.gif 関連エントリー
Loading


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

banksy初監督作がサンダンス映画祭で上映!

banksyinparkcity.jpg

映画のことならeiga.com > 覆面グラフィティアーティスト、バンクシー初監督作がサンダンス映画祭で上映

というわけでサンダンス映画祭が開催される米ユタ州パークシティには、バンクシーのものと思われるグラフィティが散見されるようになっていますとのこと。




alarm.gif 関連エントリー
Loading


スポンサーサイト
[ 2010/01/25 19:50 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

日本のブレイクダンス・シーンの夜明け前 映画「プラネット B-BOY」

というわけで、ただいま上映中のドキュメンタリー映画「プラネット B-BOY」を観てきました。

まったく知りませんでしたが、現在、ブレイクダンスは世界中で大会が開催されており、ダンサーの数もどんどん増えているんだそうです。Battle of the YearUK B-Boy ChampionshipsRed Bull BC Oneが世界三大大会と呼ばれていて、本作は2005年のBattle of the Yearに密着したダンス・ドキュメンタリーです。

2009年は日本のブレイクダンス・シーンにとって、まさに“ブレイク”した年とのことで、各国の大会で日本人ダンサーが実力をみせつけたようです。(日テレNEWS24 > PaniCrewヨウヘイ、日本のブレイクダンス「世界のトップ」)本作の舞台であるBattle of the Yearでも、優勝は逃したもののALL AREAがベスト・ショーに輝いています。



本作はそんな今や世界トップクラスとなった、日本のブレイクダンス・シーン前夜の様子を切り取った貴重な作品となっています。ドキュメンタリーにしては感情移入しすぎで、やや過剰な表現があるものの、それだけダンサー達に魅了されてしまったのかなと思いました。



日本代表「一撃」のショーは、DJとブレイクダンスを組み合わせた歴史に残る見事なパフォーマンス!必見です。


alarm.gif 関連エントリー
Loading


[ 2010/01/25 19:30 ] 映画 | TB(1) | CM(0)

「鏡の中のマヤ・デレン」が公開中です。

mayaderen.jpg

アメリカ実験映画のオリジネーターであるマヤ・デレンの生涯へ迫るドキュメンタリー「鏡の中のマヤ・デレン」が東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムで上映されています。

鏡の中のマヤ・デレン -IN THE MIRROR OF MAYA DEREN-

マヤ・デレンとは

1917年、ロシア革命の年にキエフの裕福なユダヤ人精神科医の元に生まれる。本名はエレアノーラ・デレンコフスカヤ。父親は医師としてトロツキーの元で働いていたが、やがて激化するユダヤ人迫害に追われ、1922年マヤが9歳の時にアメリカに移住する。大学ではジャーナリズムや政治学を専攻していたが、黒人舞踊家キャサリン・ダンハムと出会い、彼女の興味はダンスと人類学へ向かう。やがてマヤは巡業中のアメリカ西海岸でチェコからの亡命中の映像作家アレクサンダー・ハミッドと出会い結婚。翌年の1943年、マヤが26歳の時に二人の共同で映画史上に残る『午後の網目』を制作する。この作品は1947年のカンヌ映画祭で実験部門のグランプリを獲得し、マヤの評価を決定的なものとする。数本の映画作品を制作後、マヤはハイチへヴードゥー教の研究に旅立ち、成果を一冊の本「聖なる騎士たち」にまとめている。マヤは44歳に脳溢血で死亡するまで6本の映画作品と1冊の著作を残し、現在にいたるまであらゆるアーティストに影響を与えている。

予告編



実験映画というと小難しく退屈なイメージがありますが、マヤ・デレンの作品は、緻密に練られた脚本と明確な意図で創られており、「絵画」のように楽しめると思います。ドキュメンタリーでは、マヤ・デレンが凄すぎて、ジョナス・メカスやスタン・ブラッケージといった錚々たる異端の映像作家が普通のおっさんにみえますw。レイトショーではマヤ・デレン全作品を一挙上映中。



こちらは「夜の深み」という作品ですが、日本の現代音楽家テイジ・イトーの音楽にあわせて、宇宙空間をバレエダンサーが踊るという、マヤ・デレン自身が言っているように、まさに映像でしか出来ない表現になっています。バレエダンサーの動きは均質のとれた天体運動を彷彿させ、とてもかわいらしいですね。

この音楽を担当しているテイジ・イトー氏は、晩年マヤ・デレンと結婚する方なのですが、芸術家・家系の方のようです。

伊藤為吉 近現代・系図ワールド

-- 追記 2010.1.15 --
マヤ・デレンが愛し、芸術の女神と崇められ、作品に多大な影響を与えたハイチが、大地震に見舞われました。是非とも募金をお願いいたします。




alarm.gif 関連エントリー
Loading


[ 2010/01/13 20:00 ] 映画 | TB(0) | CM(1)

気になる映画「District 9」



  RT @djfreshdnb District 9 & chicken tikka masala.. Can't decide what I'm more excited about, aliens and chutney mmmmmm : P
  RT @DynamiteMc District 9 is sick !!!!!!!!!!!!! you should go check it , you meaning you !

全米初登場1位を飾ったSFモキュメンタリー映画「District 9」がDynamaite MCとFresh、ちょっと前にJohn Bも話題にしていたのでとりあげました。この作品は一言で言えばブレア・ウィッチ・プロジェクトの宇宙人版で、地球に不時着した宇宙人を政策として、ある地区に隔離している状況のなか、記者が宇宙人に突撃取材にいく模様をドキュメンタリータッチで描いた作品です。しかし本当の目的は取材ではなく、とんでもないことを考えていた!というわけでかなり楽しみです!!


alarm.gif 関連エントリー
Loading


[ 2009/09/08 23:59 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

何かを始めたい!って方に観て欲しい青春太鼓映画『ざ・鬼太鼓座』

bakuon.jpg
本日はモニターの前で打ち込み続ける皆さんへ、ひたすら太鼓を打ち続ける自分探し映画『ざ・鬼太鼓座』(ざ・おんでこざ)の上映が爆音映画祭で決まったのでご紹介します。

1981年に完成した本作ですが未だにDVD販売されておらず、デジタル素材での上映が可能になった昨年観ることができました。完成当初より劇場公開はされず、不遇の歴史にあったようです。

「ざ・鬼太鼓座」の悲劇

映画不況が始まったころの東映を大ヒット任侠映画で支え、極端なローアングルにより独特の映像世界をつくりあげた映画監督・加藤泰の遺作であり、篠山紀信とインドを訪れ、宇宙や霊的な存在にシンパシーを受けていたころの横尾忠則がスペイシーで原始的な美術を施し、テレビ朝日・松竹映画がついていたにもかかわらず、完成後まもなくお蔵入りが決まってしまったとのことですね。

しかしながら管理人がオススメする理由はこの希少性だけではありません!lolslay.gif
むしろその素晴らしすぎる内容のほうです。


時は70年代、心の豊かさを探求しはじめた時代に、テレビなどで鬼太鼓座を知った若者たちが自分探しにこぞって参加します。しかし地元・佐渡の人が口をそろえて絶対に自分の子供を鬼太鼓座にはいれたくないといいきるほど、壮絶な生活が待っています。鬼太鼓座には独自の「走楽論」という考えがあり、「走る」ことと「音楽」とは一体であり、それらは人生のドラマとエネルギーの反映だというものらしいのです。というわけで太鼓をたたくどころか、とにかく走る、走りこみます。しかも佐渡なのでハンパない雪の中を、鬼太鼓クルーたちはなぜか裸足で走りまくる。やっと帰ってきたと思うと、子供のような笑顔で横笛を握り締め、また駆け出していくではありませんか!あどけなかったクルーたちも次第に成長していき、最後は横尾忠則の幻想的な舞台セットのなか、思う存分太鼓を打ち鳴らします!

fire.gifondeko.giffire.gif

太鼓をたたくというただその一点のみに生活のすべてをかける。一言でいってしまうとそれだけなのですが、すべてをかけてやるという意味の重さと、そしてその領域へ到達したものがジャンルレスに感動を与えてくれることを改めて実感させてくれます。というわけでひたすら打ち込み、孤独の戦いを続けている皆さんだけでなく、何かを表現したいすべての方に必ず何かを残す作品だと思います。爆音でみることができることは今後まずないかと思いますので、都内近郊にお住まいの方はぜび!
not-tagged-smiley-16267.gif

上映日時
6/4(木) 18:45~(特別料金・上映後に鬼太鼓座のライブあり) 2,500円
6/11(木) 21:00~ 1,300円

場所
吉祥寺バウスシアター(0422-22-3555)

BAKUON FILM FESTIVAL 2009


alarm.gif 関連エントリー
Loading


[ 2009/05/27 23:00 ] 映画 | TB(0) | CM(2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。